2016年7月31日日曜日

第31回さかいふるさと祭り 無事終了

昨日の花火で今年のふるさと祭りの全日程が終了


昨日も暑かったから大変だった
(鼻血は出なかったけど)

ちなみに鼻血出した時の準備の画像



関宿側で緊急車両通路を重機で作ってもらっているところ



で、話戻って昨日ね


刈られずに残ったひまわりがきれいだった


実はこのひまわり、色々あった
以下、打つの面倒なので自分のFacebookから貼付(笑)
イカダレースの日にゴール付近でのイベントを色々企画運営した中でひまわり畑の中で迷路とかを行うつもりでした。が、しかし今月初め、雑草と間違われて刈られてしまったんです・・・。急遽、川上イベント部長の機転でその部分の構成を変えて無事に終了することが出来たけど、残ったひまわりが空とのバランスが素敵過ぎて昼のひまわり・夜の花火と掛けてみました


で、準備も進み、ぼちぼち人も入ってくるかな?っていうところで役割の配置へ
与えられた役割は駐車場受付・・・
花火見れない・・・なんて思ってたけどそもそもスタッフ側はそれを期待しちゃいけないよね(笑)

ディズ○ーみたいな方式で商工会青年部のメンバーで切り盛りをした結果、
想定以上の台数を駐めさせることに成功!!

青年部の力ってやっぱすげー!って思ってたら虹!!!

真ん中に見えるやつね


真ん中は太陽で両端ね

花火を待ってる間にこんな素敵なものが見られていいね!


水位が低くて開催が危ぶまれたイカダも直前で開催可能な状態になった上、
レース中とその後の天候も最高だったし、
ホコ天はちょうど梅雨空の合間で降らなかったし、
しかも涼しい1日だったので暑さ対策もそれほど必要なかった
で、昨日の花火前の虹に加えて心地好い風!
で、その風が花火の煙を流してくれたので綺麗に見ることが出来た!

やっぱり「リキヤ」さん(実行委員長ね)は持ってる!っていうか神ってる

今まで13人(だと思う)の実行委員長がいて、
2代前から3年体制が続き、今年はその3年目

つまり集大成的な感じだった

火事以来の(うちの店の火事じゃなくて花火大会ね)
利根川の向こう側も使った盛大な花火

ここ数年お世話になっている、つくばの山崎煙火製造所さんが境側で
そして有名な水戸の野村花火工業さんが関宿側

駐車場や会場内で野村さんの花火を楽しみにしているという方や写真家の方に打ち上げ場所を複数回聞かれたし、知名度やその花火に定評がある証拠だね
実際、来場者も去年よりも多かった(ここ数年来場者は増え続けている)


暑さのせいでスタッフの水分補給用の飲物が足りなくなったり、
冷やす氷も無くなったりで、
てんやわんやの状況を何とか解決して、
無事に開会セレモニーが始まって、
町長、観光協会会長、実行委員長、来賓の方々、偽ジャパン、トリニタスの挨拶や紹介が終わって
いよいよ打上カウントダウン!

たまたま、嫁さんと子供達が会場に着いたとのことでスタッフ家族席のチケットを渡すために本部に居たから、どうせ家族と一緒には見れないし少しここでオープニングを一緒に見ようと思ったその時、救急車の要請があり救急車が会場内を通行出来るよう通路確保でかり出され・・・


で、持ち場に戻ったらやることが無い
ちょっと我が侭言わせてもらって少しだけど家族と一緒に見ることが出来た!!

やっぱりこんな盛大な花火は家族と覧たい(笑)

で、下の子を膝の上に乗せて2クールくらいの花火を堪能して持ち場に戻った
本当はもっと居たかったけど上の子が
「パパ、サボっちゃダメだよ」なんて真顔で言うし、示しもあるしで戻った(笑)


人混みの中足早に「どうせまだ暇だよな」なんて思いながら戻ったら即仕事(笑)
ちょうど野村さんの花火が始まったんだけど子供がもっと近くで見たかったのかな?
ダッシュで川の方へ!!
場所的に駐車場のために草刈りはしてある部分で川近くは刈ってない草があるから即川でもないしその手前に立入禁止のロープを貼ったので大丈夫だとは思うけど、子供だけって怖いよね・・・
正直、マムシもいるかもしれない場所だし・・・


そんなこんなで警戒しながらも何事もなく無事に終了!
と同時に帰る人が・・・

駐車場から出る車と歩く人の安全確保!!
とまた忙しい時間が過ぎ、気がつけば人もまばらに・・・

交通規制解除になる前に安全な場所へ行ってもらうよう促しながら見回りをして
時間通り終了!!

その後片付け中にちょっとしたハプニングがあったけどすぐに解決!!


終了後簡単な慰労会をその場でやって家に着いたのが1時過ぎ・・・


お風呂から上がったあとのさっぱり感と充実感と疲労感・・・

もうあと5時間もすると片付けで行かなきゃ・・・


と今日の朝からお昼前に掛けて片付けをし、実行委員会として連日に及ぶ作業が終了
(これから反省点や改善点をまとめなければならないけど・・・)


いや〜〜〜〜〜 疲れた ・・・


準備を含めて今年が一番大変だったような気がする・・・

で、終わってホッとした
大きなトラブルもなく、大盛況


ピリピリした雰囲気も今になれば懐かしい(笑)


奮起、
真剣、
面倒、
哀切、
嘆息、
険悪、
酒盛、
団結、
奔走、
安堵、
感謝、
喜悦、
感動、


とキリがないほど色んな感情と状況があった



今、振り返ってみると1本のドラマにでも出来る内容だ(笑)


準備期間中も他の行事(チャリティゴルフ設営)があったり、
消防の操法訓練の手伝いもあるし、
もちろん仕事もしなきゃならない


こんな状況でもやってこれたのはもちろん支えてくれた家族やスタッフの理解や力があってのことだけど、このメンバーで祭りを作り上げるっていう気持ちが強かったからかもしれない

自分と合わなかったり嫌な人ばっかりだと打合せはもちろん、本番だって適当だったと思うし・・・



率直に終わった今、思うこと

「このメンバーの中に入れて良かった!!」


3週間に亘る長い祭り期間でしたが、お疲れ様でした!!


出演者の皆様、関係各所・関係者の方々、お世話になりました!


そして来場者の皆さん、ありがとうございました!